未完成な僕のアップデートログ

未完成な僕が学んだことや感じたこと、考えたことをここにアウトプットしてNew Versionになり続ける!Updateし続ける!っていうブログです(笑)

今を生きる皆さんに僕が薦める本10選~前編~

皆さんこんにちは、はるきです。

 

今日の記事は、以前コメントいただいた、「今までやってきたことは何ですか?」という質問に対する返答として“僕がインプットしてきた中でおすすめする本”を取り上げてみました。

 

というのも、今までやってきたことという事例を羅列しても、果たして答えになるかわかりませんし、そこに僕の顔は見えないと思うので。。。

 

とりあえず、長々書いてしまうことが予想されるので、5冊を前後半で紹介したいと思います。

 

1、「なんとなく日本人」 小笠原泰(2006)PHP研究所

 

何ならこれは“現代における日本人の必読書”だと、僕は考えています。「日本人の掴みどころのない実態」というか「相対的に見た日本人の特質」というものが、小笠原先生の経験と分析に基づく視点から書かれています。本自体は2006年のものですが、約10年経過した現在の日本の状況をピタリとあてていたりします。(笑)日本でしか生活したことの無い方は、ご自身を“日本人たらしめている部分”を把握されていないと思います。この本は、“日本人が書く、日本人に向けた、日本人を相対化させる為のガイドブック”だと僕は思います。大した文量ではありませんが、文章が難しい!!論理的な思考が出来なければ、恐らく読めません。僕自身、「日本人が、日本語で理解できない本があるのか!」と思ったほどでした。しかし、読了前後で皆さんの思考は大きく変わると思います。ぜひ、一読ください、あなたが「日本人でありたい」のであれば。

 

なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 (PHP新書)

なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 (PHP新書)

 

 

2、「超AI時代の生存戦略~副題略~」 落合陽一(2017) 大和書房

 

僕は落合先生の本は全てお勧めしています、が今回はとりあえず一つ。あ、僕会ってお話しできたんですよ。(→へへ、いいでしょ笑)彼は、先日の情熱大陸でも取り上げられ、幅広い分野で活躍されることが多くなりもしかしたらすでに皆さんもご存知かもしれません。落合さんご自身は様々なことで活躍されていますが、根っこは「科学者」です。その先生が「これからの時代の生き方・マインドセットを書いてくださっているのがこの本です。比較的入りやすい書き方をされている本だと思いますし(→易しいとは言ってない笑)、僕自身もそれなりに影響を受けている部分はあるので、ぜひ一度読むことをお勧めしています。

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

 

 

3、「テクニウム」 ケヴィン・ケリー, 服部桂(2014)みすず書房

 

「テクノロジー」というものは、どうしたら“完璧”に定義できるのか?「道具」?「技術」?「機械」? 我々自身、はっきりとした「テクノロジーの全貌」とでもいうものが把握できていないし、そもそも把握できるのか? そういった「テクノロジー」というものに対する考察、人類とテクノロジーの進化の歴史も絡めて語り、そして彼は新たな用語としてテクノロジーを「テクニウム」という表現をしています。なかなか文量が多く、キツイものですが落合さんの考えのもとになっている部分もあり(→彼はケヴィンケリーと対談してます)、「テクノロジー」を語る上で欠かせない本になっていることは間違いないと思います。

 

テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?

テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?

 

 

4、〈インターネット〉の次に来るもの~副題略~ ケヴィン・ケリー, 服部桂(2016)NHK出版

 

こちらも先ほどと同様に、“ケヴィン・ケリー氏”の著作です。「テクニウム」が“テクノロジーの全貌”を考察する本だとするならば、こちらは“これからのテクノロジー”を考察する本、とでも言えますかね。タイトルにもありますが、インターネット、AI と言ったものの進化がこれから歩むであろう道のり、それに伴う人が受ける変化(良くも悪くも)といったものについて書かれています。各章のタイトルが彼の考える変化をそれぞれ表す“動詞”になっています。好みはありますが、先ほどのテクニウムほど広範囲には扱ってないため、僕はこちらの方が読みやすかったです。どちらからでも構いませんが、この2冊は僕は少なくともこれからの時代を生きる学生は、読んでほしいと思います。(→嘘、結局10冊全部勧めます笑)

 

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

 

 

5、「第四の革命~副題略~」 ルチアーノ・フロリディ, 他(2017)新曜社

 

これが最近読み終わった一冊で、以前の記事にも紹介した本ですね。今の世代は「第四の革命」に向かいつつある、と著者は言っています。この“革命”というのは、テクノロジー・学問等、“人間の生み出したもの”によってそれまでの“あたりまえだった人間存在の否定”が行われた、ということです。革命がおこる度に、人は“自身の意味を見出す”ため(→意味は見出すものだからね)に拠り所を転々としてきました。しかし、それもまた人の手によって否定されてしまってきている、という繰り返しの歴史なのです。最初のものだけ紹介すると、一回目の革命はコペルニクスの地動説」による、「絶対的な存在・神としての人間存在の否定」が行われました。これによって、地球、そしてそこに住む人間の神たる絶対性が覆されたのでした。こんなのが、2,3,4回と続いてきているというわけです。かなり新しい本ですし、相当読む価値のある本だと言えます。

 

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

 

 

 

長くなってしまいましたが、前編はこんなところです。

ぜひ、皆さん読んでみてください。

 

VALUもよろしくお願いいたします。

valu.is

 

さあ、アップデートしようか。

今、僕が興味を持っていること ~僕が考える、人が人である意味とは Part 2~

 皆さんこんにちは、はるきです。

さて、前回(以下の記事参照)に引き続き“人が人である意味”を考えていきたいと思います。

unfinished-sasaharuki-update.hatenablog.com

 

前回の記事で、本質的にあらゆるものに意味はない”という考え方を僕はしている、と書きました。

 

これを人に関して分かりやすく言い換えると、“本質的に”というのは、潜在的に”と言い換えてもいいかもしれません。

 

要は、“人間だけが特別である”とか、“人の命は尊いみたいな、“根拠も何もない思考停止の選民思想は全く意味をなさない、ということです。

 

巷で耳にするかもしれませんが、僕たちは“第4の革命”というのを経験しつつある世代です。(→これについては詳しく別で書きます。)

 

それは要は、テクノロジー・学問等の発展の過程の中で、これまでの考え方・常識・価値観(主に人間の優位性という幻想)がどんどんなくなっている、ということです。

 

それがこれまでも3回あり、今は4回目を経験しつつある、ということです。

今回の革命で“人間の優位性という幻想”に牙を剥いているのは、皆さんお察しの通り、“AI・コンピュータ”です。

 

“思考する”というそれまで、“人間だけのもの”と思っていたものが、“自分たちの生み出したもの”に劣るようになる。

 

みなさんご存知のように、コンピュータは“究極に合理的なマシン”です。

その点で、人は絶対に勝てません。

 

では、どのようにして人は第4の革命以後を生きていくのでしょう。どこに“人が人である意味を見出すのでしょう?”

 

 

僕は、これについてすごく考えました。そして、一見おかしなものでしたが答えを出しました。

 

それは、“非合理的である”という点です。

 

「????」って感じですよね。

しかし、僕はここしかないと思います。

 

どういうことか、分かりやすい例えを使って説明します。

 

人は、こんな状況が“あって当たり前”ですよね?

「ピーマンは好きだけど、にんじんは嫌い」、「人前でしゃべるのは苦手だけど、スライド作るのは得意」、「絵は描けないけど、歌は歌える」

 

 

一方、機械がこうなったらどうでしょう? 

「エクセルは作れるけど、ワードの文字変換はへたくそです」「高画質な画像はいくらでも探せるけど、保存したって割とデータなくします。僕ストレージがほかより無いんです」

 

 

 

こんな感じで、

人は、“非合理的、多様で個性的”でないと、意味を見いだせないのです。

機械は、“合理的で同質的”でないと意味はありません。

 

機械は、“タイプ・型”じゃないと意味がないわけです。皆さんがお使いの機械が、会社のものとで「ボタン配置が違う」や、ましては「得意不得意」があったらどうしますか? 誰が使うんだ!!って感じですよね?

 

一方、人はインスタンス・製品”じゃないと、恐らく第4の革命以後は意味を見いだせないでしょう。

 

とはいえ、70億のハードの中で差別化を図るわけですから易しいものではありません。

しかし、出来なければ機械に使われるか、勝手に滅んでいくだけです。

 

そしてこれも、仮に第5の革命が来た時に崩れる可能性が、僕は高いと思います。

 

 

 僕がタイトルで“人が人である意味”というものも、僕の定義でいうと“見出す”ことをしないといけない状況にある、ということです。

“人の優位性という幻想”は、革命の度に、その地位を追いやられてきました。

そして、今回の革命で僕らが意味を見出さなけらばならない“幻想・虚構”が、“人は非合理的であり、多様である”というところだと思います。

恐らく現段階の最後の砦が、ここです。

 

以上が、僕の見解です。

皆さんは、どのようにお考えですか?

質問・意見等はfacebook, twitter, コメントでお待ちしています。

 

valu.is

今、僕が興味を持っていること ~僕が考える、人が人である意味とは Part 1~

こんにちは、はるきです。

 

見てくださっている皆様、いつもありがとうございます。今回から読んでいる人は初めまして。

 

あ、前回の記事のウケがよくて僕も少し手ごたえを感じています。まだの人は、こっちもぜひ読んでみてください。(→願わくば全部見てね笑)

 

unfinished-sasaharuki-update.hatenablog.com

 

さて、ここから数回に渡ってまた少し僕自身の考えの話をしますね。

 

僕は今年が始まってからさんざん言ってきたように、ブログをやってなかった空白期間にたくさんインプットしてきました。

 

それを仮に形容するのであれば、“これからの世界の在り方”です。

アバウトな言い方ですが、恐らくこれが一番僕のやっていること・興味の対象を意味しています。

 

テクノロジーの変化であらゆるものが変わる、それは働き方、恋愛観、死生観、寿命、家族の在り方。僕らも含めた“世界の全て”が変化を強いられます。

 

その中で、“人が人である意味”をどこに“見出せば”いいのか。ここについての解釈を今日はお話しさせていただきます。これから数回に分けて本質的な僕の話を理解していただく上で、まず必要なことを説明させていただきます。

 

 

まず、最初に大事な質問をひとつ。

皆さんは、ご自身が“生まれた意味がある”とお考えですか?

ご自身のその答えを用意してから読み進めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うに、僕が生まれたことには“意味”はありません。あるのは、生まれたという、“事象”です。

 

この言い方にも、もちろん含みを持たせています。

僕は、この世界は“事象・物質と虚構”でできていると思っています。(→またこれもそのうち説明しますね笑)

 

 

 

つまり、僕の解釈では、“あらゆることに意味はありません”

もちろん、このブログを読んでいる“あなた”にもです。(→怒らないで読み進めてね笑)

 

少し説明を付けたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、意味は“ある・ない(自動詞)”ではなく、“見出す・見いださない(他動詞)”が正しい関係だと思います。

 

“意味”という虚構を築き、すがるのは、人間の弱さであり、強さです。

“ある”と考えた人は、意味を自動的に発生するものとして自分を騙し、存在を肯定するために、合理化するために作っていると、僕は思います。

 

しかし、僕はこの“意味”に対する意識が大切だと思います。

 

人は自分でしか、自分に意味を付与・見出すことが出来ません。

この意識がないと、あなたは恐らく行動しないでしょう。

 

“こうありたい・なりたい”と思うあなたには、いつまでもなれないでしょう。

皆さんが“自分がどうしたいか・どう見せたいか?”と考えること自体は、恐らく人間の究極的な夢であると思います。

 

そこに気づくことが、次回以降の本質的なお話をする上で大切になります。

 

 

では、この“意味”に対する僕の見解をお話ししてうえで、もう一度聞きます。

 

 

皆さんは、ご自身が“生まれた意味がある”とお考えですか?

 

その答えは、皆さん自身がこれから“どう見出してくのか”にかかってます。もちろん僕にも。

 

 

 

 

今日はこのくらいにしておきます。

質問・意見等がありましたら、facebook, twitter, コメント等でお願いします。

VALUもよろしくお願いします。

 

valu.is

 

さあ、アップデートしようか。

僕が思う、スティーヴ・ジョブス氏のもっとも偉大な点とは。

こんにちは、はるきです。

 

VALU始めたので、皆さま興味がありましたら支援してくださるとうれしいです。

valu.is

 

さて、前回の記事で“ジョブスキャンプ”JOBS CAMP 学生の成長に100%コミットする3ヶ月のインターンシップ)の説明をさらっとしました。その中で、「ジョブス氏のもっとも偉大な点」について違う記事にする、と言ったので今回はそれについてです。

 

彼の人生は、まるで小説かもしくはハリウッド映画(になってるね笑)のように、非常に起伏に富んでいて、そのたびに歩みを止めず乗り越えて。外部のわれわれからしても非常に面白い方ですよね。

 

恐らく、日本含む世界でも知らない方はそうそういないだろう、って感じの超有名人。というか、もう亡くなられているので“偉人”って扱いですかね。

 

彼は生前多くの名言・名演説をされました。“スタンフォード大学”の卒業式のスピーチなんか、特に有名ですよね?

youtu.be

 

 

 

"Stay hungry. Stay foolish."とかアップルのスローガンだった"Think different"は名言の中でも有名で、座右の銘にされている方も多いと思います。

 

僕の場合は、それらのセリフも好きですがもっと衝撃を受けたセリフがあります。

 

 

それは、"Today, Apple is goint to reinvent the Phone."「アップルは今日電話を再発明する。」 です。

 

これは、人類・世界が初めて"iPhone"と出会った瞬間のセリフです。

 

僕はこのセリフは、これからの世界を生きていくうえで非常に大切な、ある一つのことを示唆していると考えています。

 

それは、“この世界は「未完」であり、完成したものは一つもないんだ”、ということです。

 

誰が、あの当時に“電話のその先”を想像していたでしょう?

そして、今誰がiPhoneのその先”を想像しているでしょう?

 

恐らく、ほとんどの人が考えたことがないはずです。

 

デザイン思考の基本的な考え方の一つ、"Break the Bias(固定概念にとらわれない)"がそこにはある、と僕は思います。

 

現状に満足せず、常識を疑うことをしないと、その考えには至りません。

 

最近僕はこう思います、“Bestは三次元にしか存在できない”と。

今日のBestは明日のBestでしょうか?一年後は?十年後は??今日Bestだったものが、気づいたらBetter、もしくはBadになっているかもしれません。

 

つまり、“僕たち自身でBestさえもアップデートしないといけない”わけです。

 

 

僕は、あのセリフでそのことに気づかせてくれるのが彼の一番の功績だと思います。

彼の歩んだ後が、これからの道の歩き方を示してくれているような気がします。

 

 

最後に、このセリフがある"iPhoneが産声をあげるプレゼン"のリンクを張っておくので、そちらも見て何か感じて頂けたら幸いです。

youtu.be

 

質問・意見等は、facebook, twitter, コメントでお待ちしています。

 

 

さあ、アップデートしようか。

 

デザイン思考との出会い。

こんばんは、はるきです。

 

あ、皆さまお知らせです。VALU始めたので、よろしければチェックしてみてください。

valu.is

 

さて、前回の記事で「デザイン思考」のすごーくざっくりした紹介をしました。こちらですね、貼っておきます。(→今回の記事はリンクの貼り付けが多いですがご了承ください笑)

unfinished-sasaharuki-update.hatenablog.com

 

 

で、僕がデザイン思考を知って体験するきっかけとなったのが、その名も

"JOBS CAMP" です!!

 

名前から皆さんもう「あの方」を想像されてますよね?こないだⅩが出た、あの会社です。あの方"Steve Jobs"氏「もっとも偉大だなと思う点」については、また次回記事にします。

 

さて、僕は今年の4月?くらいに、このジョブスキャンプをたまたまfacebook の広告で見つけて、「なんかおもしろそ」程度の気持ちで申し込みました。が、これがまあ面白い!!「こんな発想法があったのか!!」目から鱗でした。

 

“革新的なアイデアって言うのは、ある日突然天から降ってくるものでも、授かった天賦の才から生まれるものでもありません。“きわめて緻密に組み立てられたロジックとデータ、そして観察が生むもの”だと僕は知りました。

 

イノベーション“起こし方”があるとは知りませんでしたし、僕自身こんなにハマって楽しめるとは全く思ってなかったので、それはそれは楽しく学びました。(→就活もこの“デザイン思考”ができるところ(しか)探していなかったりして、それもそれで困りますがね。笑)

 

今回は、さらっとジョブスキャンプの紹介をしたかったので、この辺にしておきます。

 

あ、先生もすごかったのでまたの記事で紹介します。(→いろいろな意味で笑)

 

最後になっちゃいましたが、ジョブスキャンプのリンクを張っておきます。興味のある学生さんは申し込んでみるのもありかも知れませんね!!

JOBS CAMP 学生の成長に100%コミットする3ヶ月のインターンシップ

 

質問・意見等は、facebook, twitter, コメントでお待ちしています!

 

さあ、アップデートしようか。

 

 

デザイン思考とは??

こんばんは、はるきです。

 

あ、宣伝なんですが僕、VALU始めました。実際は、やりながら勉強していく感じで回そうと思っています。よろしければ、そっちもぜひチェックしてください!!損はさせないし、僕自身が先に進むための第一歩なので期待しておいてください。

valu.is

 

さて、このVALU中の挨拶文にもあるんですが、「デザイン思考」という言葉を僕は使っています。恐らく、そこまで馴染みのない言葉だと思うのでこの記事で一旦説明させてもらいます。

 

説明として分かりやすかったものとして引用しますが、“デザインしたサービスやプロダクトの先にある ユーザー を理解し、仮説を立て、初期の段階では明らかにならなかった第二の戦略や代替する解決策を特定するために問題を再定義する、一連の問題解決の考え方のことです。そして、ただ考えるだけではなく、行動しながら考え、より良い結果を追い求めるための方法でもあります。”というものです。(以下参照)

 

ferret-plus.com

もっと詳しく知りたい方はこちらがよいかと。

u-site.jp

 

さて、僕はこれを少しかじって「面白い!これは脱近代に必要なものだ!!」と思い、もっとやりたいと思ったわけです。(→どこで学んだかは、別の記事で笑)

 

僕が、なぜ「デザイン思考」がこれからの時代に必要だと思うのかを説明します。

 

なぜなら、“人”が中心にいるからです。

 

デザイン思考において、「ユーザー・人を観察する」ところから全ては始まります。そうして問題を見つけ出し、そこに対するアプローチを考えます。これは、誰かの抱える不満・課題でもいいし、地球規模の問題でもいいかもしれません。まだ顕在化していない問題の見つけ方と、それに苦しむ人の心の声を汲み取ったアプローチを探す・作るプロセスがデザイン思考です。

 

僕は、そこには「人の温かさ」「思いやり」と言った人間的な感情があって、初めて知った時、僕はとても衝撃を受けました。

 

テクノロジーの進化による時代の変化に対しては、こういった「人の情緒的な在り方」みたいなものが失われ、無機質な世界が来る、みたいな想像をされます。

 

しかし、デザイン思考がもたらすものはそういった世界観ではなく、「人が人として、情緒的であること」を重視した考え方である、故に僕はこの考え方がこれから必要になる、と考えています。

 

そうはいっても、これからの時代の変化に対しては、前の記事に書いた通り「適応できるか、出来ずに死ぬか、ガラパゴスみたいにそこでしか生きていけない囲いを作るか」だと思っています。(以下参照)

 

unfinished-sasaharuki-update.hatenablog.com

 

なのでこれからの時代に適応し、生きていくためには「人」を見て問題を洗い出し、イノベーションを起こすデザイン思考はまさに欠かせないものなのです。

 

もっと知りたい方や、実践してみたい方は、別の記事にするのでしばしお待ちを。

 

facebook, twitter, コメント欄等で質問や意見をお待ちしています。

 

さあ、アップデートしようか。

もっとも時代に適応したのは誰か?

こんばんわ、はるきです。

 

突然ですが、皆さんの周りにこんな言葉を使う“大人”いませんか?

 

「〇〇は現代っ子だね」

 

ん?

 

それっておかしくね?といちいち突っかかる男、私はるきは思ったのでした。

 

そもそも、子どもは“もっとも現代(その時代)に適応している存在”であることを、彼ら“大人”は知らないのだろうか?

 

幸か不幸か、今の時代はテクノロジーの進歩に引っ張られて、あらゆる“変化の速度”が増しています。

 

現代っ子もいずれは現代っ子ではなくなります、そのスピードも当然速まります。

 

いわゆる子どもは、生まれた時代に合わせて適応する存在です。例えば、今の子どもにゲームボーイを見せると画面を触ろうとするというのはまさにいい例です。子どもは、ボタンで動かすということを知らないのです。

 

僕はこういうテクノロジー系の勉強をしているので、何かとコンピューターに例えるのですが、“変化に適応した・最もアップデートされたハードが子ども”です。(iPhoneXみたいな)

とすると、大人ってのはもう“廃れた・オールドファッションなハード”なわけです。(iPhone5S くらい笑)

 

悲しいかな、これは紛れもない事実です。

 

しかし、コンピューターと違って人間の脳・OSに関しては違います!

われわれの脳・OSは、アップデートが可能なのだと僕は考えます!

 

この点に関しては、キングコングの西野さん”の姿勢がまさに“古いハードである大人たちの取るべき姿勢”を反映しています。以下は最近の彼の著書なので一読してみてください。

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

「若者を肯定する。」

 

これが彼のスタンスです。

若者が潜在的に感じていることは、彼らが時代に対して感じていることだから。

“若者は時代を映す鏡”だからです。(西野じゃないよ、僕の言葉笑)

 

彼の考え方については詳しいことは書ききれなくなっちゃうので、本を読んでください。(笑)

 

現代っ子っていう響きからは、すでに大人との距離があって何かこう見下している感じがします。

 

しかし、いまはもう“年齢と人の価値・影響力が一致しない時代”です。優秀な奴は先輩なんてものをとっくに超えてます。

 

そんな時代において、若者から学ぶ姿勢を欠いていいのでしょうか?

これは何も、40,50代にのみ向けたものではありません。

僕は、恐らく今のペースだと“5~10年間隔”現代っ子が入れ替わると考えていいと思います。

 

これもいずれは2年間隔とかになります。

 

あなたはどんな姿勢で若者と向き合いますか?

こうしている間にもあなたは置いて行かれていますよ。

 

さあ、アップデートしようか。

 

#革命のファンファーレ