未完成な僕のアップデートログ

未完成な僕が学んだことや感じたこと、考えたことをここにアウトプットしてNew Versionになり続ける!Updateし続ける!っていうブログです(笑)

誰にでも優しく。

こんばんは、はるきです。

 

危なかったです、すっかり更新した気になっていました。

 

今日は何というか「僕の弱さ?」みたいなところの話をしたいと思います。割と意見が欲しいです。

 

正直、僕は優しい人間かと言われるとそうでもないと思います。

 

自分が良いな!と思った人、好きな人、仲良くしたい人or してくれる人etc、そういう人たちには優しいと思います。

 

ただ、あんまり興味がない奴(僕がなくても興味持ってもらったりしたらそりゃあそいつには優しいです)、何だろう、"まったくの第三者"にはそんなに優しくないと思います。

 

もともとそういう人間なのか、気づいたらそうなっていたのか、どちらなのかわかりません。

 

嫌いな人・苦手な人はそばに置かないし、歩み寄ろうともしません。

 

だって、人生で出会える人間は極めて限られているし何よりそんな奴らに対して時間を割くというのは"合理的ではない。"と思っているからです。

 

ただ、一方僕は、"誰にでも優しい"という人に憧れも抱いている。

 

僕が今お付き合いしている子がまさにそれ。別にモデルみたいに可愛いくはないし(ごめん笑)、特別スタイルがいいわけでもないです(ごめん笑)。

 

ただ、今まで出会った誰よりも優しい。接し方、話し方、思いやる心とかそういった類の優しさを持っています。

 

僕とはまったく違う人間です。

 

こいつ人間か??とさえ思います。

 

僕は、時々そんな彼女に憧れます。

 

僕は滅多にありませんが、この内容に関して悩むことがあります。

 

彼女に対する憧れが、よくわからないからです。

 

"誰かになりたい""こうありたい"っていう憧れとは少し違う気がする。

 

だって、ぼくがそうなれるのかはわからないし、それが正しいかわからない。何なら僕の今やっている正しさとは反してすらいる。

 

何だろう。

 

今日はなんか少しテイストの違う記事になっていますが、皆さんはどんな人ですか?

 

誰にでも優しいですか?

それとも、違いますか?

 

ご意見をお聞かせください。