未完成な僕のアップデートログ

未完成な(大好きなJapanese Musicianから)大学生の僕が、日々の生活で学んだことや感じたこと、体験したことを発信してNew Versionになり続ける!Updateし続ける!っていうブログです(笑)

大学に行く意味って何??

皆さんこんばんわ、はるきです。

さてさて、今回は「大学に行く意味って何?」というのをテーマに少し考えてみたいと思います。

 

このブログを見てくれている人の中には、現在大学生の方が多いと思いますが、皆さんはなぜ大学に通っていますか?大学生であれば、この手の質問はされたことが多いと思います。「就活に有利だから。」とか「親に行けって言われた。」とか様々あると思います。ですが、僕自身はというと浪人して苦労して大学に入ったため割と「しっかり勉強しよう!!学者になるわけでもないけどやりたいことも全部やって充実させよう!」と意気込んでました。(笑)事実、僕はサークルがち勢や社畜勢よりはよっぽど勉強してると思うのですが。。。 また中にはスポーツのすっごい有名な人が強豪の大学に入ってやってたり(一口にスポ選と揶揄するのはどうかと思います。)、本当に勉強が大好きで通ってる人もいると思いますが、やはり少数だと思います。はたから見て、「こいつ何しに大学来てるのかな?」って人結構いると思います。何かこう目的を見出せばいいのになあ。惰性で大学来てサークルやって、バイトして、そのお金でパンケーキ食ってインスタのっけて。(全国の女子大生の方を敵に回したいわけではありません笑) 気の合う友達と遊びに出かけたり、ショッピングしたりってすごく楽しいんですけど、高校生とやってること変わらなくない?と思っちゃうんですよね。何だろう、浪人すると冷めちゃうのかな。(笑) 

 

こうやって書くと大学生がだらしないみたいに聞こえるけど、この契機は大学が飽和してる日本と、その日本社会が大学信仰みたいなものを作り上げてしまっていることだと僕は思います。いつからか「大学行くのが当たり前。」になっているから意味を見いだせない大学生が随分多いのかなと感じます。今更ですがこんなことをブログに書こうと思ったのにはわけがありまして、皆さん最近ニュースをご覧になりましたか?その中で僕が気になったのは、2つあります。1つは「大学授業料の無償化へ。自民党が『教育国際』発行の検討」というのと、「土屋太鳳 出席日数足らず留年」という記事です。

 

まず、授業料の無償化について僕なりに考えてみると、「いや、大学減らせよ。」という結論です。(笑) 偏差値体温みたいな(あって微熱程度)、名前書いたら受かるような大学が腐るほどあると思うんですよ。いっそ専門学校みたいな職業訓練校にして手に職をつけさせるほうがよっぽどためになると思うんですけどねえ。なんかこうもっと合理的に考えろよと思ったニュースでした。

 

続いては土屋太鳳ちゃんです。最初に断っておくと僕は土屋太鳳ちゃんのアンチでも何でもないです。(笑)テレビをほとんど見ない僕ですら彼女を知っているので皆さん名前は御存知だと思います。見出しの通り、彼女は留年するらしいのですが僕はむむっ!と思ったわけです。それは、「いや、大学中退すればよくね?」というものです。いや、単純な疑問なんですが彼女のこれからの女優人生において「大卒」っていう肩書は果たしているのか?というものです。彼女は舞踏学専攻らしいのですが、彼女みたいに名が知れてて、実績もあるのであれば大学っていう組織にいなくともその界隈の素晴らしい先生に師事することはできるんじゃないかと。

俳優、アイドル、モデル等々の方ってどっかの就活ように大卒がほしいんですかね?通いもしない大学に籍を置くことに意味があるのか僕はとても不思議でなりません。なにかこれも日本独特の大学信仰の気がして気味が悪くないですか?例えば、Justin Bieberが大学に通ってないからと言っても、その印象が下がることはないし人気も年収も上がり続けているでしょう。お金を稼ぐこと=大学進学でも何でもないのに、なんでこんなに意味のない大学があってこんなに大学信仰が強いのかなあと不思議に感じたので記事にしてみました。

 

最後に、この「大学に行く意味って何?」っていうことへの皆さんの意見をコメントしてください。また、今回取り上げた2つのニュースについてのコメントもお待ちしています。僕自身の後学のためにぜひ皆さんのコメントをお願いします。

 

 

では。